アダルトライブチャットが違法ではない理由・違法になるケースは?

ネットが普及した事でアダルトなサービスもアダルトビデオだけでなく、手軽に動画を楽しんだり相手と話したりできるようになりました。

そんなネットを利用したアダルトなサービスの中でも、昨今とても人気が高いのがライブチャットです。

ライブチャットは気軽にリアルタイムで女性と話ができるものですが、アダルト用のものでは女性が裸になってエッチなパフォーマンスをしてくれるため、若い男性を中心に非常に人気があります。

ですが中には「ライブチャットは公然わいせつ罪にはならないの?」「街中を裸で歩いたら捕まってしまうけどそれとどこが違うの?」などと思われた方もいらっしゃると思います。

そこで今回はアダルトライブチャットが違法になってしまうケースや、違法にならないための正しい使い方について解説していきます。

アダルトライブチャットが違法にならない理由は?

なんとなく「世の中には風俗などのお店もあるし、アダルト動画もたくさんあるからライブチャットも問題ないだろう」と思っている方も多いと思います。実際、結論からいえばアダルトライブチャットは違法ではありません。

何かしらの商売をする場合は届け出をする必要があり特にアダルト関係はそういった部分で厳しくなっていますが、アダルトライブチャットの場合は『映像送信型性風俗特殊営業届』というものを公安委員会に届け出る必要があります。

これは、性的興奮を促す目的などで裸を映像で配信するために必要なものです。つまりアダルトライブチャットはしっかりと国の認可を得て運営しているサイトになります。

ただし届け出れば後は何をしてもOKというわけではなく、下記のような決まりがあります。

18歳未満利用禁止

アダルトライブチャットだけではないですが、18歳未満の人の利用は禁止されています。

18歳未満の方などは18歳になるのを待ってから利用しないと捕まってしまうので注意しましょう。また、登録時などに必ず年齢確認が必要です。

18歳未満への配慮

ライブチャットの中には支払い方法が銀行振込ができなかったり携帯払いはできなかったりなど、クレジットカード以外の支払いができなくなっている場合があります。

これは単純にクレジットカードに限定すると楽だからということではなく、クレジットカードのみにすることで18歳未満が利用できないようにしているためでもあります。

また、アダルトライブチャットの広告も不特定多数が閲覧可能な雑誌などに載せてはいけないという決まりがあったり、ネット上でも同じように18歳未満の目の止まりやすい場所に広告を載せては駄目という決まりがあったりもします。

つまり18歳未満でなければ普通に使っている分には問題はなく、国の認可がおりたサービスを利用しているだけなので違法にはなりません。

違法になってしまうケースは?

18歳以上なら安心して利用できるという事がわかったところで、次は18歳以上でも違法になってしまうケースについてお話したいと思います。

18歳以上なら何をしてもいいというわけではありません。特に気をつけなければならないのが『公然わいせつ罪』です。

公然わいせつ罪は、不特定多数に向けて性的興奮からわいせつ行為をするという罪です。簡単にいえば、不特定多数の目に止まる場所でセックスをしたり、性器を出したまま街中を歩いたりする行為が禁止されています。

アダルトライブチャットで違法になってしまうケースの多くは、この性器の露出というものがあげられます。

性器の露出は絶対NG

性器の露出は例え映像といえどNGです。アダルト動画などでもモザイクがかかっていますよね。

ライブチャットではリアルタイムにモザイクをかけることができないので、画面に移ってしまった性器はそのまま配信されてしまいます。

これが違法行為となって処罰の対象になるということです。

性器の露出がOKになるケースは?

性器の露出は違法なはずなのに、中には無修正動画や性器の露出がOKなアダルトライブチャットもあると思った方もいらっしゃると思います。

これは秘密で行われてる違法行為などではなく、しっかりと法を守って運営されています。

無修正で性器を露出しているようなアダルトライブチャットは海外で運営されているサイトになります。海外で運営している場合はその国の法律が適用されるので、性器の露出がOKな国で運営していれば問題はないという事です。

海外のライブチャットでも注意

ただし最近この事がちょっとした勘違いを生んで、それによって逮捕されてしまうケースが増えてきています。それは配信元が日本国内の場合です。

海外に会社があってサーバーも海外にあればOKということではなく、配信している人も海外にいなければ日本の法律が適用されます。

これを勘違いしてしまって、海外発信の無修正ライブチャットを使って日本のユーザーが性器を露出して逮捕されるというケースがあるので十分注意しましょう。

アダルトライブチャットの正しい使い方

以上、アダルトライブチャットの違法性について解説してきました。

ライブチャットは手軽に女の子と繋がって、リアルタイムでバーチャルなセックスを楽しめる人気のサービスです。

ただし使い方を間違えてしまうと違法にもなりやすいため、アダルトライブチャットを使う時は正しく健全な使い方で楽しむ事が大切になります。

ということで最後に、正しくアダルトライブチャットを楽しむために気をつけるポイントのまとめです。ライブチャットを利用する際は特に下記に注意しながら使うようにしましょう。

18歳未満は使わない

もし親がいいと言った場合でも絶対に18歳未満は使わないようにしましょう。

使ってしまって何かトラブルが起きてしまっても自己責任ですし、何か起きてしまってからでは遅い場合も多いです。どうしても使ってみたくても18歳を過ぎてから使うようにしましょう。

性器の露出は要注意

基本的にライブチャットは女の子1人に対して不特定多数の男性というかたちが多いので、男性側が露出するという場面は少ないと思います。

ただし、ツーショットチャットなどではお互いに相手が見れる状態でチャットする場合も多いです。

例え見ている相手が女の子だけでも性器を移すことは違法行為になるので注意しましょう。

『映像送信型性風俗特殊営業届出済』の表記の確認

前述の通り、アダルトライブチャットを運営する際は公安委員会への届け出が必須になります。

そして届け出を終えたら、サイトTOPなどに『映像送信型性風俗特殊営業届出済』と記載する必要があります。

もしサイトのどこにも映像送信型性風俗特殊営業届出済となければ、届け出をしていない可能性が高く違法サイトの場合があるので利用しないようにしましょう。

サイトの決まりを守る

アダルトライブチャットには「使い方」や「決まり」などが必ず記載されていると思います。そこには上記の18歳未満利用禁止や性器の露出がNGな事以外にも、女の子へ嫌がらせをしない事やサイトを使う上でのマナーについても記載されています。

それらを守れない場合、例え法律的に問題なくても運営側からアカウントの利用停止などの処分をされてしまう場合があるので気をつけましょう。

また、公然わいせつ罪とは異なりますが、アダルトライブチャットを勝手に録画するのも肖像権の侵害という違法行為になります。

サイト側で録画機能が用意されている場合は問題ありませんが、もしそういった機能がない場合は自分で勝手に録画したりしないようにしましょう。

ライブチャット ランキング

関連記事

NO IMAGE

アダルトライブチャットで女の子の服を脱がせるコツ

NO IMAGE

チャットレディに嫌われる男性の特徴とは?

NO IMAGE

国内のライブチャットと海外のライブチャットの違いとは?

NO IMAGE

ライブチャットにはどんな種類がある?アダルトとノンアダルトの違い

NO IMAGE

ライブチャットの主な機能と料金体系・支払方法など

NO IMAGE

悪質なライブチャットの特徴について